【TOV-03】SpectraLayers Oneの使い方

DrumsとBassをざっくりと。

結局言い方としては2beatであってるの?Slash beatなの?Metal beatなの?一応BPMも150で合わせたけどホントはBPM300でいくべきなの?なにBPM300て。もう人知を超える数値だよ…。

Bassもほとんど聞き取れないので、適当なストロークです。何となーく音が上がり下がりしてるなあと思われるところも、何となーくな感じで埋めてます。

でもいいよね。この疾走感は昔っから好き。

で。今回の重要メモ。SpectraLayers Oneなるソフトを利用してみた。Cubase proに付随するソフトで、既存音源を周波数帯で分離することができるソフト…ってことでいいのかな?用途で簡単に端折るなら、指定した周波数帯のノイズをまるっと除去したり、ボーカルだけ抜いたりなんてことができるというもの。…そういうものがあるとは聞いたことがあったけど、Cubaseに付随しているとは知らんかった。タダかよ。すごいな。

試してみたけどまあ結構な精度で分離ができる。すごいなこれ。桶だけではやはりちょっと聞くに堪えない部分はあるけど、これ、上から重ねればパッと聞くくらいのカラオケ音源には出来ちゃいそうなくらいのクオリティ。きっとなんか数値をこねくり回せばもっと精度高くできるのかも知んないけど、一先ず桶を耳コピするための聞き取り音源としてはだいぶ助かる機能でした。

非常にわかりやすい解説動画だったのでペタリ。ありがたや、ありがたや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。