【KOT-01】コードトラック

よく歌詞を書いた紙にコード書き写しては「これ、プロジェクト画面上に書き留めて置けないんかな…。」としょっちゅう思ってたのに全然この機能のこと知らなかった…。あるじゃん、できるじゃん、何だったらどこ押さえるのかわざわざコード表とか開いたりググったりしないで済むじゃんか。何で誰も教えてくれないんだよ。

と、ゆうわけでコードトラック機能を使ってコード進行とゆうものをあらためてお勉強してみることに。今回のお歌については自力で耳コピるのではなく、ちゃんと、わかってらっしゃるどなたかが聞き取ってくださった、ネット上に公開されているありがたいコードを、バッチリ丸写しさせていただきました。今回はお勉強って事で。

3文字以上になるとソラで弾けるかもうすでにあやしい自分には読解不能のおしゃれコード列群。Bメロのシメんとこなんかさっぱりわからん。

コードって、単体で「どの音の組み合わせなのか」を覚えようとしてもどーも頭に入ってこないけど、コードが展開する流れの中で覚えていく方がやっぱ圧倒的に頭に入りやすい。「この場合はこっちの方が気持ちが良いから」というのは感覚ではわかってるけど、「何が違うのか」を、流れの中で分解したものを目で見ると、やっぱりなんか『気付き方』が変わる。

…あ。DrumsとBassは正確ではないけどだいぶサクッとコピーできるようになってきた。戻ってきたかなー?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。