ひっさしぶりの映画館、「ドクター・ドリトル(吹き替え)」観てきたー。面白かった!とりあえず虎のバリーの声がその人だとバブみがオギャリすぎててどうだろうか、と思ってしまうところが個人的にはツボでしたw。

作品としてはわりと「みんな、原作知ってるよね?」的に読み飛ばす感のある演出でしたが、さほどドリトル先生初心者のあたしでもついていける店舗の良さがあったのでなかなか観やすかったです。あ、ゴメンナサイ、エディーマーフィーのは観たわ。観たことあるわ。

あと、壁によりかかりながら刃物を元余す立ち姿がなんかもうすごいどっかで見た気がするのに全然思い出せんな誰だっけこの義理のパパ役の俳優さん…と、上映中めっちゃくちゃ悶々としながらエンドロールまで気が付けなかったんですけどあれ、アントニオ・バンデラスなのねwww。どおりでwww。

どうしても吹き替えで見たかったので、ちゃんと映画館の大画面で、大音量で観られてほんとによかった。藤原啓治さん、すごくロバートダウニーJr.しててかっこよかった。本当に素敵でした。おつかれさまでした。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です